FPVドローン

スポンサーリンク

FPVドローン

FPVとは何か?

FPVゴーグル

ドローンについて調べると、必ずと言っていいほど「FPV」というワードが出てきます。このFPVというのは果たしてどういったものなんでしょうか。

 

「FPV」とは、First Person Viewの略で、直訳すると一人称視点ということです。機体に搭載したカメラの映像を、操縦者があたかも機体に乗り込んで操縦しているかのように、受信モニターに映し出します。受信モニターは、これまでコントローラーにモニターが付いているタイプが主流でした。しかし、最近ではより機体に乗り込んだ感覚を味わえる、ゴーグルタイプが主流になっています。

 

 

FPVの周波数帯

FPVの通信には、2種類の電波があります。ひとつはWi-Fiなどで使用されている2.4GHz帯のデジタル電波と、アマチュア無線などで使用されている5.8GHz帯のアナログ電波です。

 

どちらの電波が良いかというと、下記に示すような長所と短所があります。ただ、機体を遠くまで飛ばした時や、機体を目視確認できない場面、ドローンレースなどのハイスピードで飛行する時は、映像のリアルタイムさが極めて重要になるので、映像遅延のない5.8GHz帯のアナログ電波を選ぶことになります。

2.4GHz帯

 

プラスポイント
・映像がきれい
・スマートフォンなどをモニターとして代用できる
・ライセンスがいらない

 

マイナスポイント
・短距離でしか使用できない
・映像遅延が発生する

5.8GHz帯

 

プラスポイント
・広範囲で使用できる
・映像遅延がない

 

マイナスポイント
・ノイズが発生する
・アマチュア無線免許と開局が必要
・同時飛行台数に制限がある

 

ドローンに必要な資格や免許

スポンサーリンク