ちょっとこだわる、ホビードローン

スポンサーリンク

ちょっとこだわる、ホビードローン

ここでは「高性能ドローンは欲しいけど、いきなり高額なものを買うのは躊躇ってしまう。でも、安くてショボイものは買いたくない」という方に、おすすめのマシンを紹介しております。トイドローンから一歩上の、ホビードローンばかりで、なおかつアマチュア無線の資格も必要なく、200g以下で飛行エリアに規制のない、まさにエントリーモデルにぴったりのモデルを紹介しております。

スマートフォンで直感的な操作、とっても簡単!

DJIとIntelから機能充実の、航空法規制対象外の約80gのドローンが登場。Telloはスマートフォンで操作ができ、その操作感は直感的で簡単です。高品質映像プロセッサーを搭載していることに加え、EZショット機能を使えば、プロレベルの動画を簡単に撮影できます。

 

ドローン初心者にもおすすめ。重量99gの航空法規制対象外の軽量ドローン

重量わずか99gで航空法規制対象外の超軽量ドローンです。前後左右、上方の5方向に対応した障害物回避センサーの搭載や、高度な空間認識を実現するオプティカルフローポジショニングシステムによる姿勢の自動制御が可能で、操作を行うまでその場でホバリングしているので、ドローン初心者の方にもオススメです。

 

スマートフォンでコントロールの新しい体験

高性能の飛行制御機能と精密なセンサーを備えるParrot Mamboは、屋内、屋外のどちらでも操縦が簡単にできます。もし、コマンドを放してしまっても、 自動飛行機能が始動し飛行を続けてくれます。さらには、手からそっと投げるだけで飛行を開始する「フリーフォールテイクオフ」システムや「オートホバリング」などユニークな機能を搭載しています。

 

アクションカメラ搭載可能な世界最小ドローン


RC EYE One Xtremeは、小型サイズの機体ながら、GoProカメラなどの100g以下のアクションカメラを装備することができます。アクションカメラを搭載できるドローンとしては、世界最小です。またこのクラスでは初のブラシレスモーターを採用しており、優れた安定性と運動性能を誇ります。

 

スポンサーリンク